国立理系におすすめの社会選択について【医学部志望向け】

医学部受験をするなら知っておきたい理系の社会選択について

医学部を受験するなら多数の教科を対策しなきゃいけないけど、優先度が低い教科もある。
その中の一つが社会だ。
基本的にセンターなどの一次のみで、二次に出題されることはまず無い。

そのため、一次だけ対策すれば全く問題ないだろう。
しかし、一口に社会といっても倫理や政経、日本史など幅広い分野がある。
学習するなら、これらの取捨選択もしっかり行うべきだ。

それなら、どれを選んだらいいんだろう?
この記事では、おすすめの科目や理由について説明していくよ。

当サイトでは、医学部志望者向けの国語の勉強法についても解説していますので、興味がある方はこちらの記事も是非ご覧ください。

引用:https://ameblo.jp/yzservice/entry-12382251753.html

基本的には倫理政経がおすすめ!

まずおすすめの科目だけど、こだわりが無ければ倫理と政経を選んでおこう!
なぜこの2つがおすすめなのか?

その理由はズバリ高得点を取りやすいことにある。
むしろ他の科目と比べて点を取りやすいといってもいいし、勉強も非常に楽なんだ。
他の科目が得意なら、それを選べばいいけど、迷ってるなら倫理政経で決まりだ。

この2科目は、基本的に暗記が重要な科目ともいえる。
しかし、日本史・世界史と比べて暗記量が少なくて済むし、普段からニュースに目を通していれば、大きく点を落とすことも避けられる。

短期間集中的に勉強するだけでも点を取りやすい。
浮いた時間は他の勉強に当てられるから、勉強を最小限に留めたい人におすすめだ。

点数を安定させたいなら日本史か世界史がおすすめ

しかし、倫理政経は高得点を狙いやすいといっても、安定させられるとは限らない。
年度によって配点にばらつきがあるから、対策を間違えると点を落とす可能性もある。
もし点を安定させたい場合、日本史や世界史をチョイスしたほうがいいよ。

日本史と世界史は、膨大な歴史や主要人物などを覚えなくちゃいけない。
暗記量も倫理政経と比べ物にならないほど多い。

だから避ける人は多いけど、年度ごとの点数のばらつきがほとんど無く、点を安定させやすいんだ。
特に英国数理をある程度学習している人で、暗記に自信があるならおすすめ。
重要なポイントをしっかり覚えておけば、8割以上の点数を狙うことも可能だ。

地理はあまりお勧めできない

さて、社会の科目は他に地理が残されてるけど、正直にいうとこれはおすすめできない。
得意な学生さんもいるとは思うけど、センターで8割を狙うのもかなり大変な科目だ。

相当勉強しないといけないから、時間効率も悪いといえる。
地理が超得意!大好き!という人なら楽しく勉強できるだろう。
逆にそうでも無い人は、勉強が辛いと感じるんじゃないだろうか。

地理はとにかく暗記が必要になるうえ、問題の読解力や考察力も試される。
つまり暗記だけじゃ高得点を取るのが難しい科目なんだ。

ひたすらインプットする一方、演習問題を数多くこなしてアウトプットもする必要がある。
基礎を叩き込むだけでも相当な時間が必須だろう。
社会は他にもさまざまな科目があるから、よほど得意じゃない限りは地理以外を選ぶべきだ。

まとめ

以上、医学部受験の社会について解説してみた。
ここで要点をまとめてみたいと思う。

  • こだわらないなら倫理や政経がおすすめ
  • 暗記が得意な人は日本史か世界史が最適
  • 基本的に地理はおすすめできない

どの科目でもいいって場合は、倫理・政経を選ぼう。
逆に暗記が得意な人は日本史か世界史だ。
地理はおすすめできないから、基本的に地理以外の科目で試験に挑もう。