年間だとかなりの金額になる!?医学部予備校の学費について

医学部予備校の学費について

医学部予備校に通うなら、当然だけど学費を支払う必要があるよね。
でも、学費の相場はどれくらいだと思う?人によって答えは変わると思うけど、実はびっくりするくらい高い!
この記事では、そんな医学部予備校の学費に関して詳しく説明していくよ。

医学部予備校の学費はかなり高い

まず医学部予備校の具体的な学費だけど、高校生で最低200万円程度は見積もっておいたほうがいい。
もちろん200万円以上かかる所もある。

ここで「高っ!」と思った人は正しい。
塾や大手予備校は年間数十万円で、100万円を超えることはめったに無いからね。
ちなみに、国立医学部の学費も年間数十万円で済む。
そう考えたら、200万円かそれ以上という金額は負担が重い、と考えるべきかもしれない。

もちろん100万円少々で通える医学部予備校もある。
ただ、学費が安い予備校は限られるし、校舎が少ないと通うのも大変だ。
学費で予備校の質の良し悪しが決まることは無いけど、家計の状況によっては通うのが難しいレベルだよね。

医学部予備校の学費が高い理由は、主に生徒が少ないから。
限られた少数精鋭だけ集まるのが医学部予備校なんだ。
ここが生徒をたくさん集める大手予備校や塾との違いだね。

予備校によっては、1クラスあたりの生徒が10人前後って場合もある。
つまり生徒が少ない分、一人あたりの負担も自然と重くなるわけだ。
でも、カリキュラムや指導方針、講師陣の質を考えたら、学費が高いのも仕方ないかな。

金銭的な余裕がない人は塾や大手予備校に行くのもあり!

もし家計の事情で金銭的に厳しい人は、大手予備校や塾も候補に入れてみてほしい。
もちろん専門的な指導を受けられるのは魅力だけど、医学部予備校の学費はとにかく高い。

それに数百万をポンと出せる家庭ってかなり少ないからね。
だから学費が安い大手予備校や塾も候補に入れておくべきなんだ。

確かに医学部に特化した指導は受けられない。
でも、医学部予備校に通ったから絶対合格するとは限らないんだ。
逆に言えば、大手予備校や塾を選んだからって、医学部の合格が遠のくわけじゃない。
結局どこを選んでも、本人の努力次第で結果が決まるんだ。

もし医学部予備校に通っても、なまけたら合格は無理だ。
しかし、大手予備校で勉強を頑張れば、医学部の現役合格も夢じゃない。
金銭的に余裕が厳しいなら、医学部予備校にこだわる必要は無い、ってことだね。

まとめ

医学部予備校の学費に関してまとめてみようか。

  • 医学部予備校の学費は超高い(最低200万円くらい)
  • 余裕が無い時は塾や大手予備校もおすすめ
  • 大手予備校や塾を選んでも合格率が落ちるわけじゃない

とにかく学費が高いことは覚えておいてほしい。
もし金銭的に難しい学生さんは、塾か大手予備校も考えてみよう!