普通の勉強量じゃダメ!医学部に現役合格するのに必要な勉強時間とは?

医学部に現役合格するのに必要な勉強時間

医学部の現役合格を目指す学生さんは、基本的に毎日必死になって勉強してる。
それもプライベートを削って何時間もだ。

それくらいしなきゃ合格が難しい。
しかし、どれくらい勉強したらいいか、分からない学生さんも多いよね。

ここでは高1〜高3の人を対象に、1日の必要な勉強時間と勉強のコツを説明するよ。

高校1年生は1日3時間以上の勉強が必要

現在高1の人は、最低でも1日平均3時間は勉強時間を確保しておこう!1日1~2時間じゃちょっと足りない。
3時間は勉強しないと、高校の範囲がなかなか終わらず、受験ギリギリまでかかる可能性がある。
だから3時間は最低ラインと捉えておこう。

勉強する内容はまず基礎からだ。
どの科目も基礎ができなきゃ次に進めないし、理解も怪しくなる。

高1のうちは基礎を固めることに専念しよう。
ちょうど高2の履修範囲が基礎を固める段階に入る。
だから高2の範囲を勉強をしていれば、自然と基礎が身に付いていくよ。

ちなみに土日を使えば平日の勉強時間を削ることもできる。
例えば平日に1日2時間、土日は各5.5時間勉強すれば、1日の平均は3時間になる。
土日に集中してやるなら、1日1時間にしてもいい。
何にしても、毎日勉強することは心がけておこう。

高校2年生は1日5時間以上の勉強が必要

いま高2の人はさらに勉強時間を増やす必要がある。
最低でも1日あたり5時間を目安にしたほうがいいかな。
1日5時間だと週で35時間。
ちょっと厳しいかもしれないけど、現役合格を目指すならこれでも最低ラインだ。

仮に平日3時間勉強した場合、5日では15時間になる。
しかし、土日はそれぞれ10時間ずつ勉強する必要があるね。
でも、土日の負担が大きくなるから、平日はもう少し勉強時間を確保しよう。
もし時間が取れるんだったら、1日5時間以上勉強したって構わない。
高2は一番重要な時期に当たる分、勉強時間はしっかり確保してほしい。

勉強方法だけど、もう高3の内容に取り掛かっている頃だよね。
高1の時と同じように基礎を固めつつ、さまざまな応用問題にも挑戦してみるといい。
基礎が大丈夫なら応用問題も比較的簡単に解けるはずだ。
逆に難しいと感じたら、もう一度その分野を復習してみよう。

高校3年生は1日6時間以上の勉強が必要

そして受験を控えた高3の人は、1日あたり6時間以上を目安としてほしい。
1週間で42時間だ。

これも最低ラインと捉えるべきで、本来ならもっと時間を確保したい。
でも、空き時間を活用すれば1日6時間も難しい話じゃないよ。

例えば、休み時間・昼休みだけでも1時間くらいは確保できるし、通学中も貴重な勉強時間になる。
こうした時間を積み重ねていけば、1日6時間も現実的といえるね。
特に私立高校の人は授業=自習って感じだから、比較的時間を確保しやすいんじゃないかな。

ただ、高3までには基礎をほぼ完璧にしておく必要がある。
これからの一年間は学力のレベルアップを図るために使おう。

例えば苦手科目を勉強・克服したり、不安が残る分野を勉強する時間に当てたい。
むしろ高3から基礎をやり直すのは好ましくないし、ライバルに学力で差を付けられる危険がある。
現役合格を確実にするなら、基礎は高3までに全部終わらせておこう!