医学部志望の中学生必見!定期テストで一桁を狙える勉強法

中学生が定期テストで一桁の順位を取る方法【公立中版】

将来医者を目指してる中学生の人もいると思うけど、普段からちゃんと勉強はしてるかな?
まだ早いと感じるかもしれないけど、今のうちから勉強しておけば後々楽になるよ。
ただし、何事も一歩から!まずは定期テストで一桁の順位を目指して、少しずつレベルアップしていこう。

定期テストで一桁順位をキープできるようになれば、将来の医学部進学だって夢じゃない!
「でも、どうやって勉強したらいい?気を付けたほうがいいことは?」…この記事でそんな疑問や悩みについて説明するね。

1日に最低でも3時間程度の勉強時間は確保する

まず定期テストの一桁順位を目指すなら、テスト期間中に1日3時間くらいは勉強時間を確保しよう!
実はテストで成績上位に入る学生さんって、毎日何時間も勉強してたりするんだ。

そんなに意外じゃないかもしれないけど、逆に言えば1日3時間は勉強が必要、ってこと。
普段全然勉強をしない人にとっては厳しいレベルだね。
でも、なんとかして1日3時間は学習時間を確保してほしいかな。

もし普段は全然勉強しないって人は、今からでも遅くないから、勉強する癖を付けておこう!
勉強する時間は1日15分でも30分でもいい。
とにかく習慣にすることが大事だから、毎日学校の予習や復習をして勉強を頑張ってみよう。
習慣化しておけば、テスト期間に入ってもスムーズに勉強できるね。

ただし!勉強中は必ず集中すること。
スマホやゲームは絶対に避けよう。

提出物は必ず提出する

学校の宿題やプリントなんかの提出物。
毎日何かしらの提出物があると思うけど、必ず提出するようにしよう!定期テストで上位に食い込む人たちは、基本的に提出物を100%提出してるんだ。
病気で欠席した時とかを除いて、提出が遅れることは無いし、忘れることも無い。
もし先生からプリントとかを出されたら、期限までに必ず提出する癖を付けよう!1日でも遅れたら絶対にダメと考えておいたほうがいい。

提出率と定期テストの順位は関係が無いように思えるよね。
でも、提出物を必ず提出する人は、基本的に普段からきっちりしてるんだ。

勉強だってスケジュールをちゃんと立てて計画的に勉強するし、分かるまで復習する。
プリントとかも同じで、期限までにこなして必ず提出する。

テストで高得点を取るなら、”コツコツ”の積み重ねが大事だね。
提出物をすっぽかす癖がある人は少ないと思うけど、後で自分に帰ってくるから注意しよう。

副教科は前日に一気に覚えるのがおすすめ!

定期テストをざっくり分けると、主教科と副教科の2つに分けられる。
主教科は数学や理科、英語とかが当てはまって、副教科は音楽や家庭科、保健体育なんかが当てはまるね。

こうした副教科もテストに出るけど、実は普段から勉強する必要が無い!テストの前日にまとめて勉強しちゃえばそれで十分だ。
医学部の進学を見据えた場合でも、副教科が入試で出題されることはまず無いからね。

もちろん副教科も定期テストの成績には影響する。
ただ、高校受験でダイレクトに影響する主教科とは違って、そこまで重要性は高くないんだ。

なので前日一気に覚えちゃえば問題無し!逆に主教科の勉強時間を多く確保したほうがいい。
定期テストで一桁を目指すなら、凡ミスも無くさなきゃいけないからね。
特に副教科が苦手でも無い限り、勉強時間は最小限に留めておこう!