WordBench東京 at GMOで司会しました。

各セッションとLTをまとめてみる。

WordBench東京 at GMOで司会しました。

2012年7月1日(日)に開催されたWordBench東京にスタッフとして参加してきました。

Wordbench東京 at GMO

WordPress系のイベントでは、WordCampの次に大きいイベントと勝手に認識しているWordBench。今回は、東京で開催されましたので、折角なのでスタッフとしてお手伝いさせて頂きました。ちなみに全国各地で開催されているので、過去には埼玉にも参加させて頂きました。

WordBenchは、それぞれの地域に関係のある方なら誰でも参加できるごくカジュアルな集まりであり交流の場です。それは堅苦しい組織ではなく上下関係も参加の義務もありません。WordBench東京もそのような運営を心掛けております。
WordBench東京公式サイト

今回のWB東京では、申込者250人、参加者200人、USTREAM視聴者数合計5000人規模ということで、東京って改めてすごいと思いました。

司会やってました

何やってたのっていうと、司会やってました。初体験ってやつですね。
深夜?朝?くらいに作業終わらせてから、カンペ作成とかしてたので、眠さと緊張で変な感じでした。

朝ミーティングのときに「質問時間はー?」「会場説明はー?」とか気になっていたんですけど、星野さんから「まぁラフな感じで適当に」と言われたので、あまり深く考えないようにしました(笑)でも完全に、時間進行に気を取られすぎました。もうちょっとラフな感じでいくべきでしたね。

と、反省点は大量にあってきりがないので、各スライドの感想綴ります。

セッション

スライドタイトルが実際の発表タイトルが違うのは仮だったからです。はい。
メモを全くとっていなかったので、聞いてた内容を覚えてる範囲で書いてます。間違い等ありましたら修正します。

WordPressでメディアサイトを作ってみる


魂と命をかけた藤さん(@f3studio)の力作スライドです。

  • 結果を出すためのキーワードターゲッティング方法としてのWebツール活用
  • カスタムフィールドを利用することによる効率的なサイトの構築
  • プラグインを利用したユーザーフォーラムの簡単作成

最近の流行を調査したうえでのサイトテーマと、ターゲッティングの設定、WordPressで効率的なテンプレート構築と、プラグインを利用する事によるフォーラムサイトの作成などご紹介されていました。

ちなみに発表中に紹介されていたユーザーフォーラム系プラグインはこちら。
おすすめはbbPressだそうです。

PHPがわからないデザイナーでもできる、簡単カスタマイズ術


さわだえりさん(@erilin86)によるデザイナー向けの発表です。

  • 配布テーマを使って、自分のブログ。まずはそこから勉強する。
  • コンテンツ構成の確認を行い、構成に沿った仕様でWordpressを構築する。
  • WordPressで必要なテンプレートファイルの説明。
  • スニペットを使って簡単コード挿入。
  • 分からないことがあったらいろんな人に聞いてみる。

サイト構成に合わせたCMSのコンテンツ設計って何気に重要で、そこをちゃんとしていないと後々響くことがあるので、仕様書は大事なんだよ!って改めて思いました。
スニペットは登録しておけばすぐ呼び出せるし、社内でDreamweaver使っているようだったら共有とかもできますね。

WordPressのカスタマイズは、基本的にはコピペすれば動きます。ただ、突き詰めていくとどうしていいか分からなくなります。そんなとき、コピペから脱出するといいかもしれませんね。

VPSサーバでのWordpress運用のススメ


GMO稲守(@inamoly)さんのVPSサーバのお話。

  • サーバーどこ使ってる?
  • 共用サーバーとの違い
  • デザイナーでもVPSは使えた
  • お昼仲間募集(@inamolyまで)

発表がすごく面白かったです。
ちなみにこのサーバもVPS利用しているのですが、ターミナルとかメインで使わない自分でもサーバ設定は出来たので、1回くらいはやってみるといいと思います。

MySQLのチューニングするだけで結構体感速度あがったりするので、その辺詳しく聞けると嬉しいなーとか思いました。

Google ウェブマスター向け公式ブログ: Google がお勧めするスマートフォンに最適化されたウェブサイトの構築方法』の記事を受けて、WordPressでのテーマカスタマイズ方法


星野さん(@khoshino)の発表です。
先日Googleの公式ブログに公開された記事に対してWordPressのテーマはこうカスタマイズするべきでは、という発表でした。

  • Googleがオススメするのはレスポンシブ
  • 次におすすめなのがUA切り替え
  • WordPress3.4には「wp_is_mobile」が追加
  • wp_link_pagesとjQuery.autopagerで記事分割を自動読み込み。

うん、タイトルが長かったです。多分、これ言いきれたのが一番達成感があったといっても過言ではないと思います。

お話のなかで、「wp_is_mobile」という関数が出ていました。書き方は以下の通り。

<?php if ( function_exists('wp_is_mobile') && wp_is_mobile() ) : ?>
<!-- スマートフォン・タブレット向け -->
<?php else: ?>
<!-- それ以外 -->
<?php endif; ?>

タブレット含まれちゃうのがちょっとアレですね。

コアのUA判断の部分で「Mobile」と「Android」って書いてあるので、「iPhone」「iPod」「Android*Mobile」とかにするような関数やらオーバライドするの作ればいいんじゃないだろうか、とちょっと思った。いや、検証してないのでなんともですが。

詳しい内容は星野さんの記事をご参考に。
http://www.communitycom.jp/2012/06/24/wp_is_mobile/

WordPress3.4の新機能


おでっせいさん(@odyssey)の発表です。

  • 投稿編集画面からのコメント
  • Twitter の埋め込み可能
  • 画像キャプションのHTML対応
  • 文字のカウント
  • wp_is_mobile関数の導入
  • テーマカスタマイザーと実装

Twitterのやつは「Pタグ」で囲まれてしまうとだめらしい。
3.4にバージョンアップされて、どこが変わったか、そして新機能「テーマカスタマイザー」についてお話でした。実際にデフォルトテーマのソースを参考に子テーマを作成、そしてテーマカスタマイザーを適応する方法をご紹介して頂いたのであとでやってみようと思います。

ちなみに参考までにおでっせいさんの記事。
WordPress 3.4 知っておくとあんしん・便利なリンク集

ライトニングトーク

一人5分ジャストということで駆け足の発表でした。

Trust FormとCRMについて 堀家さん(@horike37

Trust Formのプラグイン紹介とCRMプラグインの御紹介。

デジタルキューブ 古賀さん(@digitalcube

WP Boosterの御紹介。ただいまクローズドβのユーザー募集中とのことです。

ゆるゆるカフェをお勧めします ぎいちさん(@Ghichi

ゆるゆるカフェの御紹介

一晩で作るポートフォリオサイト 井村さん(@imura_design)

index.phpとsingle.phpのみの構成でかつ、processing.jsというプログラミングでお絵描きができるライブラリを使ったポートフォリオサイトの御紹介。

BizVektor(ビズベクトル) 石川さん

BizVektorテーマの御紹介と、アップデート情報。

WordPressを使ったメディア・マネタイズ事例 藤田さん(@shigotonin

一次発信情報メディアがネットメディアに本格参入するうえで、収益化とコンテンツ、そしてCMS・ソーシャルメディアをどう扱っているかという点について、実例を元にしたお話。

大規模案件をWordPressで構築する際の課題 内村さん

大規模サイトのサーバー側のチューニングと、
大手クライアント案件での対応方法などのお話でした。

WordCamp Tokyo 2012 西村さん(@shinichiN

2012年9月15日に開催予定の「WordCamp Tokyo 2012」の告知とスタッフ募集の案内。ブース型形式はとても面白そう。現在スタッフ募集中で、こちらから応募できます。

懇親会


しゃべり疲れてました。でも、何人かの方と名刺交換とご挨拶できたので、ひとまずよかったなーと。ちなみに、notoさんも一緒に参加していたんですが、なぜかジャンケンで勝って「WordPress 3.x (速習デザイン)」手に入れてました。

というわけで

で、一通り書いたんですが、あんな大人数の前で司会とか初めてすぎて終始緊張しっぱなしでした。その辺はゆるふわでもそうなんですけど、もうちょっと慣れていきたいなーと思います。

参加された皆様やスタッフの皆様、そしてGMOの皆様、有難うございました。

トラックバック

TRACKBACK&PING

TrackBack URL :

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。